京都府舞鶴市で注文住宅を建築するなら上野工務店

建築レポート

新築・リフォームの工事レポートです。

記事一覧

H・S様邸「FPの家」新築工事 無結露50年保証書

ファイル 89-1.jpg

H・S様邸の無結露50年保証書が届きました。

無結露50年保証書とは、FPの家の断熱材に使用する硬質ウレタンパネル素材内部に
結露が発生しないことを50年間保証する保証書です。
もちろん50年しか持たないわけではなく、
半永久的にFPの家は長年家族を守り続ける長寿命の家です。


*長寿命の家を建てる工務店 上野工務店*

H・S様邸「FPの家」新築工事 完成

ファイル 87-1.jpgファイル 87-2.jpg

H・S様邸新築工事の引き渡しが無事終わりました。

今回の工事では「復興支援・住宅エコポイント」が合計で、
206,000ポイント発行される予定です。

今年の住宅エコポイントは予算に達し終了してしまいましたが、
消費税が上がる前の工事をお勧めします。


*舞鶴市の工務店 上野工務店*

H・S様邸「FPの家」新築工事 気密テスト

ファイル 86-1.jpgファイル 86-2.jpg

HS様邸の気密テストを行いました。
気密性能は、家の快適性・省エネ性を左右する大切な要素です。

もし気密性能が悪いと、いくら性能の良い断熱材を使ってもエアコンで暖めた空気や、
冷やした空気が無駄に隙間から出て行ってしまい、高い電気代が掛ってしまいます。
また、24時間計画換気で正しい空気の流れを作ることが出来ずに、
部屋に汚れた空気が溜まってしまうことに繋がってしまいます。

当社ではしっかりと気密工事を行い、1棟1棟気密テストを行っています。
気密テストを行うことでC値(相当隙間面積)というものが算出され、
この数値が少ないほど気密性能が高いことを表しています。
国が定めている基準はC値=5.0㎠/㎡以下を基準としています。

今回のHS様邸ではC値=0.7㎠/㎡でした。
基準を大幅に下回り、熱損失の少ない高気密な家が出来ました。

*舞鶴市で高気密・高断熱の家を建てる工務店 上野工務店*

H・S様邸「FPの家」新築工事 内装工事

ファイル 85-1.jpgファイル 85-2.jpg

HS様邸の内装工事中です。

気密テープをしっかり貼り、高気密の家にします。
そして下地材を施工し、石膏ボードを張り、
この上にクロスを貼って仕上げていきます。


*舞鶴市の工務店 上野工務店*

H・S様邸「FPの家」新築工事 通気層工法

ファイル 84-1.pngファイル 84-2.jpgファイル 84-3.jpg

HS様邸の工事写真です。
家を長持ちさせるために外壁通気工法を行います。

初めに家全体の外壁に透湿防水シートを張ります。
透湿防水シートとは、建物外部からの雨水の浸入を防止する防水性と、
壁体内に生じる湿気を外部に逃がす透湿性を兼ね備えたシートです。
その後、壁に胴縁を施工し外壁材と断熱材の間に通気層を設け、
壁体内に侵入した湿気を通気層を通して外部に放出する通気層を作ります。
その上にサイディングを張っていきます。

この通気工法は北海道から始まり、現在では主流の工法になっています。


*長持ちする家を建てる工務店 上野工務店*

H・S様邸「FPの家」新築工事 断熱材

ファイル 83-1.jpgファイル 83-2.jpg

HS様邸の断熱材です。

屋根・壁・床に105㎜の厚さのある硬質ウレタンパネルを使用します。
この断熱材で家全体を包むことで、
外気の影響を受けにくい魔法瓶のような家になります。
断熱材を施工が終わると、断熱材と柱・大引等の接合部分に気密テープを張り、
隙間の少ない省エネの家にしていきます。
快適な家にするには欠かせない工事です。

*省エネ住宅を提案する工務店 上野工務店*

H・S様邸「FPの家」新築工事 金物設置

ファイル 82-1.jpgファイル 82-2.jpgファイル 82-3.jpg

HS様邸の工事写真です。

金物を設置しました。
今回は耐震等級2の家です。
阪神淡路大震災の1.25倍の強さの地震に耐えられる計算です。

計算により細かくどの金物をどこに使うかが決まります。
抜けがないかしっかりチェックし地震に強い建物を作ります。


*地震に強い家を建てる工務店 上野工務店*

H・S様邸「FPの家」新築工事 上棟

ファイル 81-1.jpgファイル 81-2.jpgファイル 81-3.jpg

HS様邸の上棟を行いました。

片流れ屋根の平屋です。
天候にも恵まれ、一部壁パネルを施工するところまで進みました。

今回は梁などを見せ、斜め天井にするために屋根断熱を行います。
断熱材のFP遮断パネルは床・壁と同様に105㎜の厚みがあり、
さらに熱が抜けるように通気層が付いています。

今までは、天井裏で断熱される天井断熱が従来の方法でしたが、
最近は梁を見せたり、斜め天井にすることが多くなってきました。
しかし、天井断熱でなく屋根断熱を行う際は、断熱性能に気を付けておかないと、
直接太陽熱の影響を受けやすいので、
デザインが良くても夏に暑い家になってしまいます。

FPの家の断熱性能なら、家中温度差がない快適な家になります。

FP遮断パネル:http://www.fp-group.gr.jp/method/roof.html


*高気密・高断熱の家を建てる工務店 上野工務店*

H・S様邸「FPの家」新築工事 基礎工事 2

ファイル 80-1.jpgファイル 80-2.jpg

基礎工事の写真です。

型枠・アンカーボルト等の設置が終わり、立ち上り部分のコンクリートを打ちました。

玄関・シャワールームの場所にはスタイロフォームで基礎断熱をしています。
室内は105㎜のFPウレタンパネルを使い床下断熱を行います。

アンカーボルト、ホールダウン共に予定の位置に正しく施工されました。


*高気密・高断熱の家を建てる工務店 上野工務店*

H・S様邸「FPの家」新築工事 基礎工事 1

ファイル 79-1.jpgファイル 79-2.jpg

基礎工事の写真です。

初めに外側に型枠を立てコンクリートを打ち、
基礎の底盤部分を作ります。
その後、中枠を立て基礎の立ち上がり部分を作っていきます。
立ち上がり部には、必要な場所に正確にアンカーボルト・ホールダウン金物を設置し、
コンクリートの打設を行います。


*京都府北部の工務店 上野工務店*