京都府舞鶴市で注文住宅を建築するなら上野工務店

建築レポート

新築・リフォームの工事レポートです。

記事一覧

FK様邸「FPの家」新築工事 完成写真

ファイル 58-1.jpgファイル 58-2.jpgファイル 58-3.jpg

FK様邸「FPの家」新築工事の完成写真です。

高気密・高断熱のFPの家&長期優良住宅の家です。


建築業界は震災の影響もあり、急速に省エネを重視した家にシフトしてきています。
家庭でのエネルギー消費を減らすため経済産業省は、
断熱効果を義務付ける方向で省エネ法の見直す検討に入りました。
ただ電化製品を省エネ仕様のものにするだけではなく、
根本的な、家自身の性能(断熱・気密性能)を上げることが
大切です。


*省エネに特化した家を建てる工務店 上野工務店*

FK様邸「FPの家」新築工事 完成見学会を行います。

ファイル 57-1.jpgファイル 57-2.jpgファイル 57-3.jpg

FK様邸「FPの家」新築工事です。

工事は順調に進み今月12月に完成予定です。
気密測定や完了検査をしてお客様にお引き渡しをします。


お施主様のご厚意により、完成見学会を行います。
日時は・・・
    12月17日(土)・18日(日)
                  に行います。

ちょうど冬の寒い時期に入り、
FPの家の良さ、快適性をお客様に体感していただきやすい季節です。
全館冷暖房の高気密・高断熱のFPの家を見に来てください。


*性能の良い家を建てる工務店 上野工務店*

FK様邸「FPの家」新築工事 外壁通気層工法

ファイル 56-1.jpgファイル 56-2.jpgファイル 56-3.jpg

FK様邸「FPの家」新築工事のレポートです。

当社が建てる家は家自身の耐久性を高めるために、
外壁は外壁通気層工法を採用しています。


●外壁通気層工法とは・・・●
木造住宅を長持ちさせるためのとっても大事な仕組みです。
それは、木造住宅に使われている肝心の木材の性質に理由があります。
木材は、乾燥しているほど強度も強く、また、腐ることもなくも何十年と長持ちしますが、
一旦木材が湿ってくると、強度も低くなり、同時に腐り始め、寿命も短くなりますます。
つまり、木材が常に乾燥しているかどうかが、木材の強度と寿命を決めていますので、
外壁通気工法は、木造住宅を長持ちさせる大事な要素です。


●外壁通気工法の仕組み・・・●
外壁通気工法は、構造体の軸組と外壁材の間に通気層という空気が流れる層をつくり、
その最下部の換気口から空気を取り入れ、軒裏や棟換気から空気を排出する工法です。
また、それだけでは壁の中の湿気が放出できないため、
透湿防水シートという湿気は通すが、水は通さない防水シートを軸組の外壁側に張り付け、
軸組内に滞留した湿気を空気層に放出する仕組みになっています。


当社の家づくりは家の良さにこだわった家を建てています。

*長寿命の家を建てる舞鶴の工務店 上野工務店*

FK様邸「FPの家」 構造見学会 10月9日・10日

ファイル 54-1.jpg

FK様邸「FPの家」新築工事の構造見学会を行います。

「FPの家×長期優良住宅」
日程:10月9日・10日
場所:舞鶴市伊佐津

お施主様のご厚意による見学会です。
普段見ることの出来ない家の中身を見られる機会です。
当社のこだわりの家づくり、家自身の性能、
当社の大工職人の技術力をお気軽に見に来てください。


*舞鶴市で長期優良住宅の家を建てる工務店 上野工務店*

FK様邸「FPの家」新築工事 上棟

ファイル 50-1.jpgファイル 50-2.jpgファイル 50-3.jpgファイル 50-4.jpgファイル 50-5.jpg

FK様邸「FPの家」新築工事の上棟を行いました。

今までと同様プレカット材は使わず、職人が刻んだ木材で家を建てていきます。

FK様邸も、長期優良住宅の認定を受けた、省エネルギー性・耐震性に特化した家です。
耐震等級は2等級で、「建築基準法の1.25倍の建物の強さ」を持っています。

1日で無事屋根仕舞いまで終わりました。


*舞鶴市で長期優良住宅を建てる工務店 上野工務店*

FK様邸「FPの家」新築工事 墨付け

ファイル 46-1.jpgファイル 46-2.jpgファイル 46-3.jpgファイル 46-4.jpgファイル 46-5.jpg

FK様邸の木材の墨付けの写真です。
墨付けにより、木材に線や印を付け、刻んでいきます。
大工さんの手で1本1本大切に刻みます。

「木材は地震にも強い・・・」
家の重要な構造部材として木材の他に、
鉄やコンクリートを使う鉄骨の家などがあります。
鉄骨の方が地震に強いと思われがちですが、
実際は木材の方が強いんです。
写真にある表は、材料自身が引っ張られてもちぎれにくいか、
材料自身が押しつぶれにくいか調べたものです。
圧倒的に鉄やコンクリートと比べると木材が構造材としてどれほど強いかわかると思います。
また木造の家は、鉄骨と比べて「軽い」という点でも、
地震に強い証拠です。
地震の力は「重い」ものに比例して強くなるからです。

当社が建てる家はしっかり構造計算をし、
耐震等級2等級の認定を取っています。
これは建築基準法の耐震性の1.25倍の強さを示しています。
阪神淡路大震災や、先日起きた東日本大震災の規模の地震でも
倒壊しない家を建てます。


*地震に強い家を建てる工務店 上野工務店*

FK様邸「FPの家」新築工事 地鎮祭

ファイル 43-1.jpgファイル 43-2.jpgファイル 43-3.jpgファイル 43-4.jpgファイル 43-5.jpg

FK様邸の地鎮祭を行いました。

舞鶴市の伊佐津にある当社の分譲地のC号地で、
断熱材にFPパネルを使った高気密・高断熱の
長期優良住宅の家を建てます。
当社が建てるFPの家は標準仕様で長期優良住宅の家を建てます。
長期優良住宅の認定を受けると、
今なら国から100万円の補助金が出ます。
さらに固定資産税が減税されるなど、
お客様にとって様々なメリットがあります。

長期優良住宅の認定の関係で、
着工は5月の予定をしております。

伊佐津の土地のA号地・B号地は分譲中です。


注文住宅FPの家:http://www.fp-group.gr.jp/
長期優良住宅:http://jutaku.homeskun.com/yuryo/merit.html#JutakuLoan

*舞鶴市で長期優良住宅の家を建てる工務店 上野工務店*

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ