京都府舞鶴市で注文住宅を建築するなら上野工務店

建築レポート

新築・リフォームの工事レポートです。

記事一覧

完成

ファイル 115-1.jpgファイル 115-2.jpgファイル 115-3.jpgファイル 115-4.jpg

I様邸が準FP工法で完成しました。
断熱性も優れていますが、お家の中もとても洒落た雰囲気になっています。
ニッチや収納できる家事コーナーやシューズクロークもあります。

京都府内産の桧

ファイル 113-1.jpgファイル 113-2.jpgファイル 113-3.jpgファイル 113-4.jpgファイル 113-5.jpg

木材の柱は、隠れてしまうところも含めてすべて、京都府内産の桧を使っています。
梁は構造計算に基づいて高さが最大39㎝もあります。

ベタ基礎

ファイル 112-1.jpg

当社の標準基礎であるベタ基礎です。
すべて新築の建物は、構造計算を行い鉄筋や構造の木材の大きさを決めています。

地盤改良工事を行っています。

ファイル 111-1.jpg

地盤が弱いため、改良工事を行っています。
約8mのコンクリート杭を現場で作っています。

地鎮祭

ファイル 116-1.jpg

地鎮祭をおこないました。
素敵なお家が完成することを祈念します。

H・S様邸「FPの家」新築工事 無結露50年保証書

ファイル 89-1.jpg

H・S様邸の無結露50年保証書が届きました。

無結露50年保証書とは、FPの家の断熱材に使用する硬質ウレタンパネル素材内部に
結露が発生しないことを50年間保証する保証書です。
もちろん50年しか持たないわけではなく、
半永久的にFPの家は長年家族を守り続ける長寿命の家です。


*長寿命の家を建てる工務店 上野工務店*

H・S様邸「FPの家」新築工事 完成

ファイル 87-1.jpgファイル 87-2.jpg

H・S様邸新築工事の引き渡しが無事終わりました。

今回の工事では「復興支援・住宅エコポイント」が合計で、
206,000ポイント発行される予定です。

今年の住宅エコポイントは予算に達し終了してしまいましたが、
消費税が上がる前の工事をお勧めします。


*舞鶴市の工務店 上野工務店*

H・S様邸「FPの家」新築工事 気密テスト

ファイル 86-1.jpgファイル 86-2.jpg

HS様邸の気密テストを行いました。
気密性能は、家の快適性・省エネ性を左右する大切な要素です。

もし気密性能が悪いと、いくら性能の良い断熱材を使ってもエアコンで暖めた空気や、
冷やした空気が無駄に隙間から出て行ってしまい、高い電気代が掛ってしまいます。
また、24時間計画換気で正しい空気の流れを作ることが出来ずに、
部屋に汚れた空気が溜まってしまうことに繋がってしまいます。

当社ではしっかりと気密工事を行い、1棟1棟気密テストを行っています。
気密テストを行うことでC値(相当隙間面積)というものが算出され、
この数値が少ないほど気密性能が高いことを表しています。
国が定めている基準はC値=5.0㎠/㎡以下を基準としています。

今回のHS様邸ではC値=0.7㎠/㎡でした。
基準を大幅に下回り、熱損失の少ない高気密な家が出来ました。

*舞鶴市で高気密・高断熱の家を建てる工務店 上野工務店*

H・S様邸「FPの家」新築工事 内装工事

ファイル 85-1.jpgファイル 85-2.jpg

HS様邸の内装工事中です。

気密テープをしっかり貼り、高気密の家にします。
そして下地材を施工し、石膏ボードを張り、
この上にクロスを貼って仕上げていきます。


*舞鶴市の工務店 上野工務店*

H・S様邸「FPの家」新築工事 断熱材

ファイル 83-1.jpgファイル 83-2.jpg

HS様邸の断熱材です。

屋根・壁・床に105㎜の厚さのある硬質ウレタンパネルを使用します。
この断熱材で家全体を包むことで、
外気の影響を受けにくい魔法瓶のような家になります。
断熱材を施工が終わると、断熱材と柱・大引等の接合部分に気密テープを張り、
隙間の少ない省エネの家にしていきます。
快適な家にするには欠かせない工事です。

*省エネ住宅を提案する工務店 上野工務店*

ページ移動