イベント
舞鶴で注文住宅を建てる工務店ブログ
舞鶴の家づくり
お客様の声
写真館
会社概要


京都府でFPの家を建てる

上野工務店

■営業時間

8:00〜20:00

■定休日

日曜日、祝日、隔週土曜日

■施工エリア

宮津市、京丹後市、与謝郡、福知山市、舞鶴市、綾部市、亀岡市、南丹市、船井郡、京都市、向日市、長岡京市、乙訓郡、宇治市、城陽市、八幡市、京田辺市、久世郡、綴喜郡、木津川市、相楽郡
敦賀市、小浜市、三方郡 、大飯郡 、三方上中郡

■お問合せ
info@ueno-komuten.co.jp



長持ちの秘密



「結露」は諸悪の根源

最近とても有名な「結露」について、簡単におさらいしておきましょう。

空気が含むことのできる水分量は、空気の温度が高いほど多く、低いほど少なくなります。暖かくてしめった空気が急激に冷やされると、空気中にとどまりきれない水分は、水滴という形で排出されます。 この現象が「結露」です。

お風呂場が暖まりきっていない時、鏡が曇るのは「結露」。グラスに冷たいビールを注いだ時、グラスの外側にびっしりと水滴がつく、これも「結露」です。


外観 家の中でも、結露は起きています。

まず目に付くのは窓ガラス。
アルミサッシの窓は、ぐっしょり濡れ、パッキンのゴムが黒くカビたり窓枠の木が変色したり腐ったり。
そして、目には見えませんが壁の中。
特に、断熱材として壁の中にグラスウールを使うと、壁の中の水滴が吸湿性の高いグラスウールに吸い取られ、ぐずぐずと留まることで建材を劣化させます。


(写真)FP岐阜工場/壁体内結露実験ブース
(グラスウール壁の内外に温度差があるとき、壁の中の様子を観察できる実験装置)
壁の中が、びしょびしょになっているのが良く判ります。


FPの家が結露しない理由は?

1.断熱材がウレタンパネル
パネルの中はビッシリと発泡ウレタンが詰まっており、水気の入る余地がありません。そしてウレタンパネルは殆ど水を吸いません。

2.全館空調で、家の中に温度差がない
壁の両側に温度差がある場合、家の中でも結露が起こりますが、全館空調なら大丈夫!

3.窓ガラスの断熱性が高い
窓ガラスは断熱効果の高い二重窓、窓枠は結露しない樹脂サッシです。(写真)

年中春のように穏やかで清潔な空気の中で生活でき、しかも長持ちする家。
FPの家って本当に嬉しいですね。


厚さ10.5僂亮蕕

FP工法に使うウレタンパネルは、二枚の板の間に、硬質ウレタンがびっしり充填されています。
その厚さは、なんと105mm!
断熱目的で貼り巡らされた壁のパネルは、家の補強にもなるのです。

地震や台風など、万が一の場合にも心強いですね。


※強度の算定方法等、ここでは割愛させて頂きます。興味のある方はメールでお問い合せ下さい。



お問い合わせ