京都府舞鶴市で注文住宅を建築するなら上野工務店

一笑一若

一笑一若~上野工務店スタッフによるブログです~

記事一覧

新年あけましておめでとうございます。

ファイル 24-1.jpg

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

紅葉とラン

ファイル 23-1.jpgファイル 23-2.jpgファイル 23-3.jpg

山も色づき始め、紅葉シーズン真っ盛りになってきました。

今年は厳しい残暑の後、一転して冷え込む日が続いたので
例年より色鮮やかな紅葉が楽しめるようです。

我が家は、紅葉も楽しめる自然の中のドッグランへ行ってきました。

愛犬も大喜びです。

ランで走り回った後は、カフェでまったりと。。。

秋の風情を楽しむことができた一日でした。

芋掘り

ファイル 22-1.jpgファイル 22-2.jpgファイル 22-3.jpg

朝晩は、涼しくなってきましたが
日中は暑い日が続きます。

知人のお誘いがあり、芋掘りに行ってきました。
神戸とは思えないのどかな風景が広がります。

隣には、ドッグランカフェもあり
久しぶりのお出かけに愛犬も喜んでいました。

今年は雨不足で土が硬く、掘り起こすのが大変だったけど
頑張りました。

暑中お見舞い申し上げます

ファイル 21-1.jpgファイル 21-2.jpgファイル 21-3.jpg

梅雨明けとともに猛烈な暑さです。
全国各地で35度を超える記録的な猛暑が続いています。
これだけ暑いと万全な熱中症対策が必要です。

普段からまめな水分補給を心がけることが、
熱中症予防で最も大切なことですが、
アルコール類・コーヒー・緑茶などカフェインの多いものは利尿作用があり、
かえって水分が必要になる場合があるので
水分補給には適さない飲み物らしいです。
ミネラルウォーターや麦茶などが ミネラルも豊富に含まれており、
熱中症対策の飲み物としては適しているようです。

真っ青な海景色は、暑さの中でも癒される空間です。

岐阜だより(7)

ファイル 20-1.jpgファイル 20-2.jpg

長野に入って、ドライブしながら岐阜に戻ります。

途中で、「平湯大滝公園」を散策。

落差64mの絶壁から落下する水しぶきは日本の滝百選の一つです。

のんびりドライブしてると帰りが遅くなりそうなので
後は、樹齢1000年の時を越えて咲き誇る「臥龍桜」を見に行きました。

この老大木の桜はちょうど龍が臥しているようだということから
龍臥桜と命名されたそうです。

夕方になってしまったので、少し暗かったのですが
満開でした。

この日も歴史を感じる桜に出会えて、よいお花見になりました。

岐阜だより(6)

ファイル 19-1.jpg

岐阜県を北上し、長野県境の「野麦峠」まで行ってみました。

明治から大正初めにかけて飛騨から糸引き女工が
この峠を越えて長野の製糸工場に働きに行き、
女工たちの峠越えを描いた小説「あゝ野麦峠」やその映画化で有名な峠です。
峠からは乗鞍岳を眼前に望むことができます。

標高1672メートルの峠には、まだ残雪がありました

岐阜だより(5)

ファイル 18-1.jpgファイル 18-2.jpg

白川郷合掌造りから、車で約20分の所にある

平瀬温泉「湯の里」ペットOKのお宿です。

昭和初期へタイムスリップしたかのような懐かしい雰囲気のお宿でした。

宿の至るところに懐かしい玩具などがあり、遊び心いっぱい。

お料理の質・量とも申し分なくとても美味しかったです。
美味しい飛騨牛焼きたての岩魚など堪能いたしました。
盛りつけも気配りがあり綺麗でした。

岐阜だより(4)

ファイル 17-1.jpg

一日目、最後のコース

「世界遺産、飛騨白川郷」へ

大小さまざまな合掌造り民家が立ち並び、
日本の原風景を今に残す山里です。
世界文化遺産に登録された以降は、一層注目度が増し、
観光客が数多く訪れていました。

この風景を守り続けてきた住民達の努力を、
私達観光客が壊すことの無いようにしないといけないな~
と思いました。

岐阜だより(3)

ファイル 16-1.jpgファイル 16-2.jpg

ランチは、手打ちそば処「蕎麦正」さんで
こだわりのざる蕎麦の専門店温かいお蕎麦はありません×

粗挽きタイプのお蕎麦で、もちっとして美味、そばつゆも濃すぎず程よいです。
蕎麦はもちろんの事、薬味などにもこだわりのあるお店のようです。

わさびは自分でおろす生わさび。葱の他には辛味大根やお塩が出てきました。
まずは、お塩で味合ってみるのが通なようです。


楽しみにしていたのが、「荘川桜」

荘川桜は、庄川をせき止めて御母衣ダムを造るとき、
ダム湖の底に沈んだ集落の二つの寺(光輪寺と照蓮寺)の境内にあったもので、
いろいろな人の強い意志と努力で守られ、
不可能と言われていた移植に成功した奇跡の桜です。

毎年なら4月下旬には見頃らしいのですが、
今年は、満開には少し早かったようです。
3部咲きぐらいでも見応えはあったのですが、だったし、
上手く画像では伝わらないですねぇ。。。

岐阜だより(2)

ファイル 15-1.jpg

分水嶺公園のすぐ近くにある
「ひるがの湿原植物園」へも寄ってみました。

広大な湿地帯が広がっていたひるがの高原の面影を
今も残している場所です。
園内には、高山性・湿原性の植物が自生し、
春から秋まで花を見ることができますが
この時期は、水芭蕉が咲き始めてました。