京都府舞鶴市で注文住宅を建築するなら上野工務店

一笑一若

一笑一若~上野工務店スタッフによるブログです~

記事一覧

ひだまりキッチン <エビチリ>

ファイル 37-1.jpg

暦の上では、秋ですが
まだまだ残暑が厳しい日々が続いていますね。

こんな時は、ピリ辛メニューでスタミナをつけましょう!

下処理にひと手間かければ、プリップリのエビチリができます。

<エビチリ>

材料(4人分)

えび 28尾
長ねぎ 1本
◎塩こしょう 適量
◎酒 小さじ2
◎ごま油 大さじ2
◎片栗粉 大さじ2
豆板醤 小さじ2~大さじ2
にんにく 1片
しょうが 1片
△水 1カップ
△鶏がらスープのもと 小さじ2
△ケチャップ 大さじ6
△砂糖 大さじ2
△酒 大さじ2
△塩 小さじ1
△しょうゆ 小さじ1
△酢 小さじ4
△オイスターソース 小さじ4
片栗粉 大さじ3
ごま油 小さじ2

1.殻つきなら殻をむき、背わた、はらわたを取る。

2.1.の海老に分量外の塩と片栗粉をふりかけ、良く揉む。
ねっとりしたらざるにいれ流水で良く洗う。

3.海老に下味をつける。
水気を良く拭き取った海老をボウルに入れ
◎の調味料を順に揉み込む。
海老に下味を馴染ませてる間に、長ねぎをみじん切り。
縦に何本か切込みを入れて小口切りにする。
にんにくと生姜もみじん切り。

5.ボールに△の調味料を併せておく。

6.海老の油通しの代わりの湯通し。
鍋にたっぷりのお湯を沸かし
サラダ油(分量外)を大さじ1くらい入れ
沸騰した中に下味をつけた海老を入れてさっと茹で
ざるにあげておく。

7.フライパンに、サラダ油を引き
にんにくとしょうがとみじん切りねぎの一つかみ分を
香りが出るまで弱火で炒め、豆板醤も併せて炒める。

8.強火にして、併せ調味料を入れて
沸騰してきたら湯通しした海老と残りのねぎを入れて
中火に落としよく馴染ませる。

9.煮立った状態で少し煮たら
水溶き片栗粉(片栗粉を同量の水で溶く)を少しずつ回し入れ
とろみがついたらごま油で香りをつけて、出来上がり。

ポイント!
豆板醤小さじ1でもお子様には少し辛いかも。
お好みで加減してください。

尻尾をつける場合は、
尻尾の背中側にある三角の角みたいなところに
臭みがたまるので必ず取ってください。